NEWS

新着情報

TD172DRGXとTD171DRGXの違いについて徹底解説

TD172DRGXが発売され、旧モデルのTD171DRGXとの違いが気になっている方も多いのでは無いでしょうか。

今回は、両モデルの違いについて解説してきます。

具体的には、全長や重量、機能面などの違いから両機種を比較しています。

TD172DRGXとTD171DRGX のスペックの違いは?

TD171DRGXは2018年にマキタより発売された、18Vシリーズのフラッグシップ機です。

そして、型式番号が1つしか違わないTD172DRGXは、TD171DRGXの後継モデルとして2021年1月に販売されました。

同じフラッグシップ機である両機種ですが、実際、どのくらい違いがあるのか気になる方も多いはずです。

ということで、TD171DRGXとTD172DRGXスペックを比較してみたいと思います。

TD172DRGXとTD171DRGXの全長の違いは?(ヘッドの比較)

TD171DRGXとTD172DRGXの全長の差は、見た目でパッと分かるほど、大きな違いはありません。

詳しい全長の比較は、以下のとおりです。

  • TD171DRGX:116mm
  • TD172DRGX:114mm

わずかに後継モデルであるTD172DRGXの全長が小さくなっていますが、その差も2mm程度です。

ちなみに1円玉の厚みが1.5mmほどですので、2mmの差だとほとんど変わらないといっても過言ではないでしょう。

ただし、さらに前の機種であるTD170DRGXの全長が117mmだったことを考えると、確実に改良されている点が理解できると思います。

ですが、TD172DRGXは横幅が2mmほど広くなったため、コンパクト化のしわ寄せが幅に出ている状態です。

TD172DRGXとTD171DRGXの重量の違いは?(重量の比較)

TD171DRGXとTD172DRGXの重量差は、まったくありません。バッテリーを装着している状態でも、両機種の重量はほとんど同じです。

  • TD171DRGX:1.5kg
  • TD172DRGX:1.5kg

ですのでTD172DRGXは重さはそのままで、全長が若干短くなっています。

取り回しの使用感としては、TD171DRGXとTD172DRGXとでは違いは無いでしょう。

TD172DRGXとTD171DRGXのトルクの違いは?(トルクの比較)

TD171DRGXとTD172DRGXのトルク差も見ていきましょう。

結論から言うと、両機種ともトルクの最大値は同じという結果でした。ですので、数値上の違いは見られません。

  • TD171DRGX:180 N·m
  • TD172DRGX:180 N·m

締め付け能力もスペック上では違いが無く、1回の充電あたりの作業量も違いが見られませんでした。

 

作業本数にも変わりがないため、TD171DRGXとTD172DRGXのスペックや締め付け能力は、ほぼ同等と見てよいでしょう。

TD172DRGXとTD171DRGX 機能面での違いは?

TD171DRGXとTD172DRGXでの機能面での違いは、ほぼ搭載されている機能差はありません。

TD172DRGXは、TD171DRGXと同様、以下の機能が搭載されています。

  • ビット振れ低減「ゼロブレ」
  • 楽らく4モード
  • BL(ブラシレス)モーター
  • 「アプト」防滴・防じん

ただしTD172DRGXに搭載されているブラシレスモーターは、前機種(TD171DRGX)よりも高出力で高耐久なハイパワーブラシレスモーターに変わっています。

そして、TD172DRGXには新たに追加された「新・ワンタッチビットスリーブ」により、TD171DRGXよりもビットの差し込みが軽く、使いやすくなっています。

ですので機能としては、ほとんど違いがないものの、細かい点で使いやすさが向上しています。

TD171DRGXから改良された点について

TD171DRGXとD172DRGXの違いは、機能やスペックでの違いこそ見られなかったものの、使いやすさの面から以下のポイントが改良されているようです。

■TD171DRGXから改良された点

  • トリガーの力加減がしやすくなった
  • ヘッドのコンパクト化で隅打ちがしやすい
  • ビットの交換がスムーズ
  • アンビルが大きくなって剛性向上
  • LEDライトの使い勝手UP

トリガーの力加減がしやすくなった

TD172DRGXの商品説明では具体的に明記されていないものの、トリガーを引いたときの反応が、TD171DRGXよりもかなり改善されたと感じる方多いようです。

さらにトリガーの重さも軽くなったため、回転数の調整もしやすくなっているようです。

TD171DRGXから登場した楽らくモードでは、回転数などの調整を機械的にコントロールしている仕様でしたので、インパクトドライバーを使い慣れている方だと、TD171DRGX以前のモデルの方が使いやすいと感じる方も多くいました。

ですので、今回の改善はコントロール性が向上しているため、楽らくモードを必要としない方には、嬉しい改善ポイントではないでしょうか。

ヘッドのコンパクト化で隅打ちがしやすい

TD172DRGXでは、ヘッドがTD171DRGXよりスリムになり、業界最小の傾き角を実現していると謳われています。

DIYでの利用ですと、この角度まで隅打ちすることは少ないかと思いますが、現場での使用が多い方の場合は嬉しい改善ではないでしょうか。

この角度でもビスが打てると、ビスからビットが外れてしまうカムアウトの率も少なくなり、作業効率にも大きな変化があると思います。

ビットの交換がスムーズ

TD172DRGXは新たに追加された「新・ワンタッチビットスリーブ」の恩恵もあり、ビットの交換がスムーズになっています。

元々、ワンタッチビットスリーブ自体は2006年頃に導入されていた仕組みですが、登場した当時はワンタッチとは言えないほど差し込みが固く、まだまだ「改善の余地あり」という状態でした。

そのため、以前のワンタッチビットスリーブでは、結局モデルと変わらず、ビットの交換時にはスリーブを引っ張って交換されていた方が多かったと思います。

しかし今回登場した「新・ワンタッチビットスリーブ」では、ビット交換時の負担がかなり軽減されているようです。

その名の通り、ワンタッチで交換できるのなら、作業効率の改善に期待できます。

アンビルが大きくなって剛性向上

アンビルはビットを支える丸い筒状のパーツで、インパクトドライバーのパーツの中でも消耗が激しい部分です。

このTDTD172DRGXでは、TD171DRGXに採用されていたアンビルよりも剛性が25%アップようで、より長く使えるインパクトドライバーになったのではないでしょうか。

 

あまり多くないものの、アンビルには大きな負荷がかかるため、アンビルが割れてしまうケースも存在します。

とくにフラッグシップ機はトルク値が高く、より過酷な現場では、剛性が心配される場面もあります。

そのため40Vmaxシリーズと同じモデルのアンビルがTD172DRGXにも採用されているようです。

LEDライトの使い勝手UP

TD172DRGXでは、新たにLEDの常時点灯モードが搭載されました。

搭載LEDの数は、TD171DRGXと同じで左右2灯が採用されています。正逆転切り替えレバーを中立にした状態でリガーを引けば、ライトが点灯したままになります。

何も操作をしなければ一時間後に消灯するため、簡易的に照明が欲しい場面で活躍するでしょう。

全体的に大きな機能の違いはなくとも、使い勝手の面から非常に扱いやすくなっています。

まとめ

今回はD172DRGXと旧モデルのTD171DRGXとの違いについて、機能面やスペック、その他の違いを中心にご紹介してきました。

電動工具を購入する前に知っておきたい知識は、まだまだあります。ぜひ、その他の関連記事も確認して、工具選びの参考にして見て下さい。