NEWS

新着情報

TD170DRGXと171DRGXの違いについて解説します

↓↓↓ジモティーでお得な商品を探してみませんか?ジモティーで販売商品を見たい店舗名を検索!!↓↓↓

TD171とTD170には、共通機能として「楽らくモード」が搭載されています。

この楽らくモードの性能差が大きな違いですが、実はこの他にも知っておきたい違いがあったりします。

この記事では、「td170drgxとtd171drgxの違い」について、余すところなく解説していますので、これからお買い替えをご検討中の方はぜひ、読んでみて下さい。

 

■TD170DとTD171Dの全長の違いは?(ヘッドの比較)

TD170とTD171の全長の違いは1mmでした。TD171Dの方が、気持ち『小さくなったな』くらいの変化ですね。

実際に2つを見比べても「小さくなったよ」っと言われなければ気づかないレベルでした。

奥:TD171D、手前:TD170D

 

全長対決だと、わずかな差ではありますが、TD171Dの方に軍配が上がります。

 

では、重量はどうでしょうか。

■TD170DとTD171Dの重量の違いは?(重量の比較)

TD170とTD171の重量の違いは100gTD170Dが1.4kgに対し、TD171Dが1.5kgとなっています。軽さでは、旧モデルのTD170Dが勝っていますね。ですが、100gの差なので重さの違いもそれほど感じられません。

では、トルクの違いはどうでしょうか?

■TD170DとTD171Dのトルクの違いは?(トルクの比較)

 

TD170とTD171のトルクの違いは5N・m旧モデルと比べ、わずかな変化ではありますが、今回の改良により他社最新モデ

ルと同等の水準になっています。トルクだけみると、TD171Dのトルク値は180N・mですので、TD170Dより性能が高いです。

 

続いて、ライトの性能について比較していきましょう。

■TD170DとTD171Dの明るさの違いは?(ライトの比較)

TD170DとTD171Dでは、ライトの位置が違います。TD171Dからは、ヘッド付近にライト位置が見直され、公式サイトによると視認性(見やすさ)が向上しているようです。またこの改良により、TD170DではLEDライトが一つでしたが、TD171Dからは二つに増えています。

こちらの動画は、hakaihanさんと言うハンドルネームでyoutube上に動画を投稿されている方の比較動画です。

新旧モデルでの明るさの違いが分かりやすいので、ご紹介したいと思います。

 

ライト位置がトリガー上部からヘッド付近に変更されたことで、影ができにくく、また、ライトの数も二つに増えているので、明るさもTD170より性能が上がっており、『夜間作業のしやすさ』では、国内外問わず上位に入ると感じます。

 

ちなみに、「夜間作業時の使いやすさ」を意識している製品TD171DRGXは、「デウォルトのDCF887M2(LED3灯)」や 「MAXのPJ-ID152(LED2灯)」などがありますね。

 

では、続いてビットブレの違いについて見ていきましょう。

■TD170DとTD171Dのビットブレの違い(ビットブレの比較)

TD171DRGXの目玉と言えば、「ゼロブレ」だと思います。ゼロブレとは「ビットブレが大幅に抑えられる仕組みのこと」で、TD171DRGXから採用されました。

では、TD170DRGXとTD171DRGXのビットブレの違いを見てみましょう。

※こちらの動画も、hakaihanさんが投稿されている比較動画です。

 

ビットのブレ方が全然違いますね。カムアウトの原因は、ビットブレも関係しているので、これはかなり良い改善ではないでしょうか。

もちろん、使用するビットの種類や摩耗具合、トルク、ビスの材質や状態などもカムアウトの原因なので、ゼロブレが採用されたTD171DRGXでも、完全に無くすことはできません。ですが、TD170DRGXと比べる確実にしづらくはなっているのではないでしょうか。

 

■TD170DとTD171Dの「楽らくモード」の違い(モードの比較)

TD170DRGXとTD171DRGXの大きな違いに、「楽らくモードの仕様変更」があります。TD170DRGXから登場した「楽らくモード」ですが、TD171DRGXではその機能がさらに強化され、より多くの場面で使えるようになりました。

■TD170Dの楽らくモードと打撃モード

出典元:株式会社マキタ公式サイト「TD171D製品紹介ページ」より

 

TD170Dでは自動変速機能に加え、テクスモードと4種類の打撃モード(弱・中・強・最速)が採用されていました。

 

■TD171Dの楽らくモードと打撃モード

出典元:株式会社マキタ公式サイト「TD171D製品紹介ページ」より

 

TD171Dでは、従来の楽らくモードに改良を加え、4種類の打撃モードと4種類のモードを採用しています。とくにボルトモードとテクスモードの一部機能には、TD170Dには無い機能を備えていますので、「便利さ」で評価するなら、TD171Dに軍配が上がります。

また、トリガー上部の手元ボタンで打撃モードの切り替えができる点や良く使用するモードを登録できる「メモリー機能」も便利だと思います。ですが、機能が複雑なので、「使いづらさ」を感じる人もいます。

出典元:株式会社マキタ公式サイト「TD171D製品紹介ページ」より

 

■モード切り替えの補足

メモリー機能使用時に注意したいことが一つあります。それは、「メモリー機能の使用中は、手元ボタンで打撃モードの切り替えが出来なくなる」という点です。再度、手元ボタンで打撃モードの切り替えをおこないたい場合は、「メモリー機能の解除」が必要です。

ちなみに、メモリー機能を使用中でも、打撃ボタンを押すことで、打撃モードの切り替えが出来ます。

 

続いて、充電時間について見ていきましょう。

新型充電器の性能と従来品の違いは?(充電時間の比較)

出典元:株式会社マキタ公式サイト「TD171D製品紹介ページ」より

 

TD171DRGXを購入するとセットで付いてくる急速充電器ですが、従来モデルでは無く、こちらも新型モデルとなっています。これまで発売されていた充電器だと、6.0Ahバッテリーをフル充電するには約55分ほど必要でしたが、このDC18RFでは、約40分で済みます。

旧モデルと比べ15分の短縮化に成功してますが、日立工機の場合は、6.0Ahバッテリーを約30分で充電ができるので、急速充電器の性能は、これからに期待でしょう。

 

まとめ

今回は、TD171DシリーズとTD170Dシリーズの違いを中心にご紹介してきました。

TD171DRGXで注目したい改良点は以下の5つ。

  • 楽らくモードの仕様変更
  • ●ライト位置の変更
  • ●打撃切り替えモードの追加
  • ●ビットブレの改善
  • ●急速充電器

特にゼロブレとライト位置の変更は、TD171Dの強みではないでしょうか。

もし、電動工具のお買い替えをご検討中方がいらっしゃいましたら、ぜひ、お近くのハンズクラフトまでお越し下さい!

 

↓ インパクトドライバーの購入なら ↓

\ハンズクラフトの各種ネット通販が便利です!/

ハンズクラフトでは販売だけでなく、買取も積極的に行っております。

「古いものから買い替えしたい」

「家で眠っている工具を現金化したい」

そんなときは是非ハンズクラフトにお電話を!

持ち込みが難しい大型工具や、大量工具の買取にも出張買取でご対応致します。

 

 

 

査定は無料で行っておりますので、お近くのハンズクラフトまでお気軽にお持ち込みください!

 

お客様のご来店を心よりお待ちしております。