NEWS

新着情報

充電式丸ノコ HS002G(マキタ)とC3606DA(HiKOKI)の違いを比較してみた

充電式丸ノコの中でも、HS002G(マキタ)とC3606DA(HiKOKI)のどちらを購入しようか迷われている方は意外と多いのではないでしょうか。

ご来店されるお客様からもこの両機種の違いについては、よくご質問を受けます。

ということで今回は、このHS002G(マキタ)とC3606DA(HiKOKI)の違いについて比較してみました。

【マキタ】HS002Gの特徴について

HS002Gは、マキタより2019年11月に発売された40Vmax対応の電動丸のこです。

同系列にHS001Gが発売されていますが、両製品の違いは無線運動に対応しているかどうかの違いで、HS002G系列のみ無線運動に対応しています。従来のAC機を遥かに上回るハイパワーが特徴で、100Vより1.65倍早く切断できるようになりました(マキタ製AC比)。

HS002Gには駆動モードが『スピードモード』と『仕上げモード』の2種類が搭載されており、状況によって切り替えながら作業することが可能です。

スピードモードは、回転数やトルクを材料の厚さや切る力によって自動で調整する『自動変速機能』により常にスピーディーに切断できるモードです。

 

仕上げモードは、材料の凹凸などによって回転数が急激に上下しないよう、常に一定の回転数になるように調節してくれる『定回転数制御』により綺麗な仕上がりにするモードです。回転数はスピードモードより下がりますが、急に上下することがないため騒音対策にも最適。防じん・防水保護等級は本機、バッテリー共に安心の『IP56』。悪環境でもなんなく作業できます。

さらに、キックバック時には回転数の急激な低下を感知して自動停止する『AFT』が搭載している他、2灯式のLEDやブロワ機能なども付いています。

【HiKOKI】C3606DAの特徴について

C3606DAは、HiKOKIより2019年10月に発売された36V対応の電動丸のこです。

クラス最強の切断性能を謳っており、切断スピード、粘り強さ共に従来製品のC18DBALの2倍もの性能を誇っています。

マルチボルト対応製品で、従来の18V対応製品ともバッテリーを共有できるのも魅力的。駆動モードでは、通常の『パワーモード』とは別に『サイレントモード』が搭載されています。

その名の通り消音に重きを置いたモードで、回転数を常に2,000min-1に抑えることで、パワーモードよりも騒音を5dB低減できます。特に内装工事やリフォームするとき、騒音トラブルを防止したいときに最適なモードです。
キックバック防止装置や2灯式LED、ブロワ機能なども搭載されています。

マキタ HS002GとHiKOKI C3606DA のスペック比較

続いて、両製品のスペックについて触れていきます。

全長の違い(のこ刃)

両製品を比べてみると、長さや高さがわずかに違いますが実際に見比べて見るとそこまで見た目は変わりません。

●HS002G(マキタ)

  • 長さ×幅×高さ:299×188×258
  • のこ刃:外径165mm×内径20mm

●C3606DA(HiKOKI)

  • 長さ×幅×高さ:292×188×262mm
  • のこ刃:外径165mm×内径20mm

また、のこ刃の大きさも同じなので、扱いやすさはほぼ変わらないと言っていいでしょう。高電圧タイプであることを考慮すると、比較的コンパクトな部類となります。

質量の違い

C3606DAの方が0.1kgほど軽いですが、微々たる差なのであまり気にする必要はありません。

  • ●HS002G:3.3kg
  • ●C3606DA :3.2kg

同電圧タイプと比較しても標準な重さです。重量に関しても両者に大きな差はありませんでした。

回転数の違い

回転数はHS002Gの方が最大で1200回転も多く回転します。

  • HS002G スピードモード:5,500min-1 仕上げモード:4,100min-1
  • C3606DA  パワーモード:4,300min -1 サイレントモード:2,000min -1

回転数=パワーではありませんが、それでも作業効率はHS002Gの方が良いと言えます。

一方で、仕上げモード及びサイレントモードは、機能こそほぼ同じですが使用用途が異なるため、一概にどちらが良いとは言えません。

仕上げモードは断面をキレイに仕上げることができますが、消音効果はあくまでオマケです。サイレントモードは消音効果が高いものの、回転数では仕上げモードより劣ります。目的によって優先順位が異なりますので、自分にあったモードで選ぶことになりますね。

最大切込深さの違い

最大切込深さは、90°は66mm、右45°は46mmなのは同じですが、左15° のみC3606DAの方が15mmほど深いです。

●HS002G

  • 90° 66mm 
  • 右45° 46mm
  • 左15° 42mm

●C3606DA

  • 90° 66mm 
  • 右45° 46mm
  • 左15° 57mm

切込深さは深いほど汎用性が高く、絶対ではないものの基本的に数値が多いほど便利な傾向があります。切込深さのみであれば、C3606DAの方が優秀と言えるでしょう。

マキタ HS002GとHiKOKI C3606DA の決定的な違いについて

ここまでHS002GとC3606DAを比較してきた結果、決定的な違いは『モード』『回転数』『最大切込深さ』『電圧』の4つだということが分かりました。

どちらかを購入する際はこれらの違いを考慮して選ぶことになります。

回転数と最大切込深さはスペックを比較する際に解説したので、モードの違いと電圧の違いについて触れていきます。

仕上げモードとサイレントモードの違い

先ほど、スペック比較の回転数の項目でも少し触れましたが、通常モードとは異なる両モードはそもそも優先順位が違うため、一概にどちらがおすすめだとは言えません。

仕上げモードは、回転数を4,100min-1に制御することで滑らかでキレイな断面にすることを目的にしており、消音効果は副次効果と言えます。そのため、「消音はあったら嬉しいけど、それよりも早くてキレイな断面になるように切断したい」という人におすすめです。

サイレントモードは、仕上げモードでは副次効果だった消音効果に重点を置いており、回転数を2,000min -1に抑えることでパワーモードよりも騒音を5dB低減することを目的にしています。

そのため、「近所に家があり騒音トラブルになりたくないけど材料を切断したい」という人におすすめです。

40VMaxと36Vの違い

ある意味、最も大きな違いはこの電圧にあります。40VMaxはバッテリーを従来のものとは異なり、完全に40VMax専用に調整しており、18Vや36V対応製品には当然ながら使えません。

マキタもまだまだ18V対応製品が主流であることを考慮すると、汎用性の点では劣ります。ただし、今後はマキタも40VMax対応製品を増やしてくる可能性が高く、新たな主流として活躍することも十分に考えられます。

36VのC3606DAは、HiKOKI自慢のマルチボルトに対応しており、従来の36V、18V対応製品(一部を除く)にもバッテリーを使いまわせます。HiKOKIの主流が今後もマルチボルトを主軸に展開されていくことが予想されるため、汎用性ではマキタよりも確実に上でしょう。

マキタ HS002GとHiKOKI C3606DA どっちを買うべきか

ここまで両製品についてまとめてきましたが、総合的な性能に大差はなく、『どちらが優れているか』という点では測れないほどどちらも優秀な製品です。

ですが、両製品では先ほど触れた『モード』『回転数』『最大切込深さ』『電圧』の4つの違いにより差別化できているため、それぞれにおすすめできる人はある程度絞れてきます。

ここからはHS002Gがおすすめな人と、C3606DAがおすすめな人について触れていきます。

マキタ HS002Gがオススメな人

マキタ HS002Gがおすすめな人は以下の通りです。

  • ・HiKOKIの充電式製品を持っていない人
  • ・とにかく作業効率を重視する人
  • ・仕上がりのキレイさを重視する人
  • ・今後、40Vmax製品を優先的に購入したい人

以上のタイプです。

先ほどの違いから、HS002Gは40Vmax専用である代わりにとにかくハイパワーかつ仕上がりの良さにも気を使っている製品ということが分かりました。

その上、今はまだラインナップが少ないですが、今後は40Vmax専用機も増えていくことが考えられます。

同じ40Vmax専用機ならバッテリーも共有できますし、ラインナップが少ないが故の不満点は時間が解決してくれる可能性が高いです。

また、回転数の高さや仕上げモードの存在から、総合的な作業効率はHS002Gのほうに軍配が上がります。現場で働くプロはもちろん、本格的なDIYが好きという人にもおすすめできます。

HiKOKI C3606DAがオススメな人

HiKOKI C3606DAがオススメな人は

  • ・HiKOKIの充電式製品を持っている人
  • ・騒音トラブルをなるべく避けたい人
  • ・各種スペックのバランスを気にする人

以上のタイプです。

パワー重視だったHS002Gと比べ、C3606DAはとにかく総合スペックに拘った印象。騒音対策、十二分な回転数とパワー、汎用性抜群のマルチボルト、とにかく欠点を無くした優等生のような製品です。

マキタとHiKOKIとの比較のようにもなってしまいますが、やはり最大の差別化はマルチボルト。

いままで使用していたHiKOKIの製品とバッテリーを共有できるメリットは大きいですし、なにより新しく展開された40Vmaxとは違い、マルチボルトは対応製品も考慮するとラインナップの数が非常に多い点が魅力的。

回転数ではHS002Gに劣りますが、それでも切断性能は高い方。

「HS002Gでは切れたのに、C3606DAでは切れなかった」というような事態も滅多に無いでしょう。総合スペック、汎用性の高いマルチボルト、そして今後もマルチボルトが主流として活躍するであろうことも考えると、C3606DAはいわゆる安牌と言えるものでしょう。

まとめ

今回は充電式丸ノコ HS002G(マキタ)とC3606DA(HiKOKI)の違いについてスペックや機能などの面から比較してみました。

電動工具選びには、この他にもまだまだ知っておきたい事前知識がたくさんあります。

ぜひ、その他の関連記事も読んで、工具選びの参考にされてみて下さい。