NEWS

新着情報

ペン型インパクトドライバーと電動ドライバーの違いについて解説します

↓↓↓ジモティーでお得な商品を探してみませんか?ジモティーで販売商品を見たい店舗名を検索!!↓↓↓

皆さんはペン型インパクトドライバーと電動ドライバーの違いについてご存知でしょうか。

どちらも用途が似ている部分があり、「どう使い分けるべきか」という答えをお持ちの方は意外と少ないのではないでしょうか。

ということで今回は、ペン型インパクトドライバーと電動ドライバーの違いについて解説していきたいと思います。

ぜひ、工具選びの参考にしてみてください。

電動ドライバーとは

電動ドライバーはネジ締めや穴あけの際に利用される電動工具で、ドリルドライバーとも呼ばれています。

手作業と比べ、どのネジも均一に一定の力で締めることができるため、見栄えや丈夫さも向上します。また、手動と比べて肉体的疲労も少なく、作業スピードも早くなりますので家具の組み立てなどの作業時に重宝されます。

インパクトドライバーとは

インパクトドライバーは衝撃の力を利用して大きな力を発生させる仕組みになっていて、この内部構造の違いが電動ドライバーとの大きな違いだと言えます。

ドリルドライバーは回転のみの機能が搭載した電動工具であり、速度切り替えや回転切り替え機能が搭載されていることが多いです。

また、締め付ける力(トルク)もさほど強くないため、それほど大きなトルクが必要ない場合や予めトルク値が決まっているような作業を行う際に良く利用されます。

ペン型インパクトドライバーとは

ペン型インパクトドライバーとは、スティック状の形状をしたインパクトドライバーのことを指し、折り曲げることで狭い場所での作業もスムーズに行なえます。

ちなみに、インパクトドライバーは2種類のタイプが存在し、一つは形状を変形することができるペン型インパクトドライバー。そしてもう一つは、一般的に認知度が高いガングリップ型のインパクトドライバーです。

インパクトドライバーと聞くと、多くの方がガングリップ型のインパクトドライバーを想像すると思います。ガン型のインパクトドライバーは種類が多く、プロ用やDIY用、静音タイプなど様々な製品が販売されています。

またバッテリーも電圧さえ同じであれば、その他の工具で使い回せることも多いですので、多くの方が愛用されています。

ペン型インパクトドライバーと電動ドライバーの違い

ペン型インパクトドライバーと電動ドライバーの違いで最も大きい違いとしては、トルクの調整の有無だと感じます。

インパクトドライバーは衝撃を与えて、強いトルクを発生させます。その力は手作業で緩めることができないボルトを緩めることが出来るほどのもので、それは、ペン型インパクトドライバーにも同様のことが言えます。

ガングリップ型ほどではないですが、大きなトルクを発生させることができる点が、ペン型インパクトドライバーの強みだと感じます。

ですが、ペン型インパクトドライバーはトルクの調整が難しく、場合によってはネジをつぶしてしまうこともあります。

一方、電動ドライバーはトルクの調整機能がありますので、最大トルクこそ大きくないですが、精密さが求められる作業や穴あけ作業などに最適です。

また、トルク値がそれほど高くないため、カムアウトに悩まされることも少ないです。ですので、必ずしも「トルク値が高い=完璧な工具」とは言えます。

電動工具選びは、用途によって使い分けることが大切であり、それぞれの作業に適したトルク値や機能が必要です。

ちなみにペン型インパクトドライバーの最大トルクは、ドリルドライバーの約三倍ものパワーがある場合もあるようです。

どんな作業で必要?

ペン型のインパクトドライバーは軽量ですが、トルクは20N・m~25N・m程度。

精密機器の組み立てなど、小さいネジを締める場合には流石にパワーが強ぎます。トリガーは無段階変速でトリガーの引き加減を指で調節可能ですので、上手く調整できるなら不可能ではありません。

ですが力の調整を間違えるとネジが破損してしまう可能性もありますので、なるべく使用しないようにしましょう。

ペン型のインパクトドライバーに最も適している作業は、「配電盤」での作業です。皆さんが普段使っている電気は発電所で発電されたものを供給され使用しています。

しかし、供給された電気はかなり高圧なため、そのまま使用する事はできません。その高圧な電気を受け、適切な電圧に配電するのが「電圧馨」です。

配電盤は駐車場や屋上などの屋外に設置されている事が多く、分電盤とよばれる家庭用の配電盤はブレーカーの裏に設置されています。

それぞれ狭く手が届きにくい所に配置されてあることが多いため、使いやすいペン型のインパクトドライバーが重宝されるのです。

どんな職業で必要?

ペン型のインパクトドライバーは配電盤での作業を進めるのに便利です。

配電盤は発電所から供給された電気を、適切な電圧に変換しそれぞれの場所に分配する装置。この機能を安全に、維持していくために定期的にメンテナンスをする事が必要となります。

ですが配電盤をメンテナンスをする際には、電気に関する正しい知識と技能を持ち合わせていないとメンテナンスをすることができません。そのため有資格者である必要があります。

制御盤が設置されるのは殆どが自家用電気工作物であるため、認定電気工事従事者、第二種電気工事士、第一種電気工事士が必要となります。

ペン型インパクトドライバーが得意なこと

次にペン型インパクトドライバーが得意なことについて紹介します。

配電盤の作業

配電盤は高い位置や狭い場所にあることが多く、手作業ではとても作業しづらいです。
ペン型のインパクトドライバーのように軽量でコンパクトでありながらも、トルクのある工具であれば便利に作業する事ができます。

通常タイプのガン型のインパクトドライバーでは腕が疲れて、長時間の使用が難しくなってしまいます。配電盤の作業にはペン型のインパクトドライバーを使用しましょう。

トルクが必要なネジを扱う作業

ある程度力が必要なネジを締めたり緩めたりする作業を行う場合はペン型のインパクトドライバーがおすすめです。
ガン型のインパクトドライバーほどのパワーはありませんが、十分にパワーがあるため力が必要なネジ締めも楽で行えます。

小さく細いネジだと力が強すぎてネジが千切れてしまう可能性がありますので注意が必要となります。

強く締めたネジを緩める

インパクトドライバーの強みは強く締めたネジを緩めることです。連続して打撃を加えることで簡単に緩めることができます。

強く締めたネジを複数個緩める際には手作業ではとても疲れますよね。インパクトドライバーがあれば疲れないでガンガンネジを緩めることが可能となります。

固着したネジなど、手で取りづらいネジでもインパクトドライバーを使えばすんなり取れることも多いです。
インパクトドライバーを一台持っておくだけで便利ですよ。

木材の穴あけ

鉄板等の穴あけにはガンタイプのインパクトドライバーの方が便利ですが、木材程度であればペンタイプでも簡単に穴あけすることができます。

高い位置や狭い場所の穴あけなどにはペンタイプのインパクトドライバーが重宝します。

ペン型インパクトドライバーが不得意なこと

続いてペン型インパクトドライバーが不得意な作業について紹介します。

トルクが必要なボルトやナットを扱う作業

ボルトやナットを締める際には、かなり大きなトルクが必要になります。ペンタイプのインパクトドライバーでは力が足りず、規定トルクまで締めれない可能性があるのです。

トルクが必要なボルトやナットを締めるときにはガンタイプのインパクトドライバーを使用する様にしまよう。

細い小さいネジを締める作業

ペンタイプのインパクトドライバーはトルクがある程度あるため、細い小さいネジを扱うと千切れてしまう恐れがあります。手作業、もしくは電動ドライバーなどで作業する様にしましょう。

鉄板の穴あけ

鉄板への穴あけ作業は強いトルクが必要となります。ペンタイプのインパクトドライバーでは若干力が足りない可能性があり、鉄板の穴あけはガンタイプのインパクトドライバーの方が適しています。

全くできないわけではありませんが、ガンタイプのインパクトドライバーも所持されているのであればそちらを使用しましょう。

まとめ

今回は、ペン型インパクトドライバーと電動ドライバーの違いについて解説してきました。

この他にも、知っておきたい工具の知識について解説した記事がありますので、ぜひ、その他の記事も参考にされてみて下さい。