NEWS

新着情報

丸ノコとジグソーの違いは?DIY初心者はどっちを購入するべきか

皆さんは、丸ノコとジグソーの違いについてご存知でしょうか。

用途も似ている工具ですので、どっちを購入しようか迷っている方も多いと思います。

ということで今回は、「丸ノコとジグソーの違い」や「DIY初心者はどっちを購入するべきか」などを中心に解説していきたいと思います。

丸ノコとジグソーの違いについて

丸ノコとジグソーは、どちらも木材や金属を切断できる工具です。まず丸ノコは丸いノコ刃(チップソー)を回転させ、材料にあてがって切断していきます。

ジグソーの場合は細長いノコ刃を上下に振動させて、丸ノコと同様に材料へ当てて切断する仕組みです。ここではその違いをもう少し掘り下げて、特徴について解説していきます。

丸ノコの特徴と丸ノコでできないことについて

丸ノコは細かい刃がついたチップソーを高速で回転させて、材料を切断していく工具です。

手で扱いやすく、切断面が綺麗に仕上がります。まっすぐカットするのにも向いており、スピード感を持って作業が行えるでしょう。

またチップソーを変えることによって、大幅に作業性が変わることもあります。例えばチップの数が増えれば、より仕上がりが綺麗に。少なくすれば作業スピードが上がります。

※切断面の仕上がりはスピードと反比例。スピードが早ければ切断面は荒くなり、遅ければ綺麗になる傾向。

そんな丸ノコのできないことは、下記のとおりです。

  • 曲線のカット
  • くり抜き

丸ノコで曲線のカットはできますが、あまり得意ではありません。どちらかというと材料を等間隔に素早くカットしたり、直線での正確な切断をしたりするのが得意です。

またくり抜きの作業も、刃が大きいためかなり厳しいでしょう。理由としては切断時の範囲が広く、半円状に切り込みを入れるためです。

大きめな円を描く切り抜きであれば可能なものの、あまり曲線の動きは期待できません。

ジグソーの特徴とジグソーでできないことについて

ジグソーは細長いノコ刃(ブレード)を動かし、カットしていく工具です。電動泡立て器をイメージしてもらい、先端をノコ刃に変えたものをイメージしてもらえば良いかもしれません。

常に細かく動かしながらカットしていくため、微細な曲線にも対応可能です。窓抜きやくり抜きの加工も問題ありません。

直線の切断も可能ですが、どうしても丸ノコよりは精度に欠けてしまいます。そんなジグソーのできないことは、下記のとおりです。

  • 綺麗な仕上がりを求めるカット
  • 素早く何枚も切断する
  • 溝の加工

どうしてもジグソーは、切断面が荒くなりがち。もちろんブレードによって差は出ますが、丸ノコには敵わない印象です。

またノコギリでカットしていく作業を電動化しているため、カットする速度はどうしても遅くなります。

※この弱点を補うオービタル機構を搭載しているものもあり。小回りが利く分、直線切断には少し不向きです。

丸ノコとジグソーの決定的な違いについて

丸ノコとジグソーの決定的な違いは、「得意な切断が直線か曲線か」となります。同じ切断する工具であっても、仕組みが全く違うので別々の工具です。

丸ノコはチップソーを使うため、材料に対して切断軌跡が長くなります。

※上記画像のように、カット時は長い範囲で切り込みが入ります。そのため点というよりも、線で切断するようなイメージです。

対してジグソーは常にブレードを押し当てて切断していきます。線よりも点で切断していく仕組みです。

常に切る位置や力加減を変更できるので、曲線切りといった細かい切断にも対応します。

そしてブレードが細いため、穴を開ければ窓貫作業も容易です。キックバックの心配も少なく、初心者でも安心して使えます。

丸ノコを選んだときのメリット・デメリット

DIYで使用する方は、おそらく丸ノコを選ぶ方が多いでしょう。なぜなら丸ノコは非常に汎用性があり、早く綺麗にカットができるからです。

そのため多くの場面で活躍し、DIY時にも扱いやすい工具と言えます。しかし正しい扱い方をしなければ、キックバックを起こしてしまう危険性も。キックバックは材料に刃が引っかかり、反対方向に力が働く現象です。

丸ノコであっても誤った使い方をしていると、キックバックはふつうに発生します。そのせいで重大事故を起こし、最悪の場合死に至る危険性もあるのです。

また特性から、曲線のような作業には向いていません。

自身の作業範囲が直線の切断のみなら良いですが、曲線をカットする場合にはやりづらさを感じるでしょう。

ジグソーを選んだときのメリット・デメリット

ジグソーは作業スピードが丸ノコと比べ、少し遅いと感じる方が多いです。しかし直線も曲線も加工できて、なおかつキックバックのリスクも低くなっています。

安全かつ作業範囲が広く、初心者が選ぶならぜひ検討していただきたい工具です。

ただしDIYにおいてはほぼ直線加工の出番が多いため、作業性を考えるなら丸ノコのほうが適しています。くり抜き作業や曲線の加工を行うのであれば、ジグソーを使用したほうが良いでしょう。

反対に直線加工が多い場合にジグソーを使うと、安全ではあるものの少し作業性で劣ります。

使用難易度について。丸ノコとジグソー、どちらが扱いやすいか?

丸ノコとジグソーは、状況により扱いやすさが変わります。予備知識無しに扱うのであれば、間違いなくジグソーのほうが扱いやすいでしょう。

なぜならジグソーはキックバックの危険性も少なく、初心者であっても安全に配慮しやすいからです。丸ノコの場合は刃が高速で回転するため、初めて使用する方には少し恐怖感があるかもしれません。

早く切断できる分、何かあったときの被害度は丸ノコのほうが上です。知識がなくても、丸ノコの切断力はおそらく肌で感じられるでしょう。ただし安全に配慮して正しく使えば、丸ノコのほうが素早くカットできます。

ジグソーの場合は切断時の作業性が少し劣るため、人によっては扱いづらいと感じるかもしれません。

レシプロソー(セーバーソー)について

似たような工具で、レシプロソー(セーバーソー)があります。このレシプロソーは、まさに手ノコを電動化したようなものです。

同じ切断する工具でもまた特性が違うため、こちらも詳しく紹介していきます。

レシプロソー(セーバーソー)とは

レシプロソー(セーバーソー)は、ジグソーよりも大きなブレードを使った電動ノコギリです。ジグソーは持ち手と水平に作業を行いますが、レシプロソーは垂直に刃を進めていきます。

そのため繊細な動きでカットしていくというよりも、腕の大きな振りに合わせて切断していくような用途です。

また比較的ノコ刃が大きく、大きな素材も難なくカットしていけます。ジグソーよりもパワーがあるため、粗大ごみのカットや屋外の庭木カットに使われることが多いです。

 

ほかにもブレードを変えれば、木材だけではなく金属類や塩ビパイプのカットも行えます。

そしてほとんどのセーバーソーは形状が細長いため、狭い箇所での作業にも最適です。

レシプロソー(セーバーソー)の特徴と出来ること、できないこと

レシプロソーの特徴は、なんといってもパワフルに切断していけるところです。DIYで加工目的に使われることが多いジグソーや丸ノコと違い、レシプロソーは屋外での作業に向いています。

 

例えば配管やパイプの切断、枝木の解体作業と言ったところです。もちろんDIYでの使用も問題ありませんが、繊細なカットはしにくくなります。

正確なカットをしようと墨打ちしたところ、実は持ち手が微妙にズレて寸法が狂うことも。

どちらかというとDIY用途というより、大まかな切断作業で使われることが多いです。

丸ノコやジグソーとの用途の違いについて

丸ノコはより正確な直線切断に向いています。正確に直線をカットするのが求められる場合、丸ノコを選ぶのが最適と言えるでしょう。

ジグソーは曲線や窓抜き作業が得意です。細かい動きで刃先をコントロールできるため、繊細な作業に向いています。

レシプロソーはパワフルに切断していけるため、解体作業や繊細さを求めない切断が得意です。

用途については、下記にまとめました。

  • 丸ノコ:直線の切断、DIY
  • ジグソー:曲線の切断、DIY
  • レシプロソー:大まかな切断、屋外作業

どちらかというとDIY用途では、レシプロソーは不向きです。正確なカットを求めず、ただ切断ができればいいという方なら良いでしょう。

丸ノコの場合、切込み深さが足りないと作業性が悪くなります。その点、ジグソーやセーバーソーはかなり深い切込みが可能です。

自身の作業に合わせ、どの工具が最適かを考えると良いでしょう。

DIY用途なら丸ノコとジグソー、レシプロソー(セーバーソー)どれがオススメ?

DIY用途であれば、直線が多いなら丸ノコ。曲線が多いならジグソーがおすすめです。大まかなカットを目的とし、精度を求めないのならレシプロソーが安全かつ扱いやすさがあります。

どの工具も守備範囲に違いがあるため、理想を言えばすべて持っているのが良いです。直線を正確にカットしたいときは丸ノコを使い、ガンガン作業をしていきます。

曲線やくり抜きしたい作業が出てきたら、ジグソーに持ち替えて作業をすると効率的。大きな木材があり、大まかにカットしたい場合。もしくは粗大ごみが出て、細かく切り分けたい場合はレシプロソーを活用します。

このように状況ごとで得意な作業がまるで違うので、できれば複数の使い分けが理想的です。

ただし、下記のような要望があるかもしれません。

  • どうしても一台でまかないたい
  • 出費は最小限に抑えたい
  • 休日DIYのみなので使用頻度が少ない
  • 保管スペースが限られている

上記のような理由により、1台ですべてをまかないたい方はジグソーがおすすめです。

ジグソーなら曲線や直線に対応でき、くり抜き作業もできます。あまり大きくなければ、粗大ゴミのカットも可能。刃を付け替えれば木材・金属ともに対応できます。

用途や作業範囲、出費といった項目をバランス良く見て、自分に最適な工具を選びましょう。

まとめ

今回は、「丸ノコとジグソーの違い」や「DIY初心者はどっちを購入するべきか」などを中心に解説していきました。

この他にも、知っておきたい工具の知識について解説した記事がありますので、ぜひ、その他の記事も参考にされてみて下さい。