NEWS

新着情報

エアコンプレッサを買うならおすすめしたいメーカーと特徴について解説します

↓↓↓ジモティーでお得な商品を探してみませんか?ジモティーで販売商品を見たい店舗名を検索!!↓↓↓

エアコンプレッサの購入を検討している方の悩みの一つに、メーカー選びがあると思います。エアコンプレッサは様々なメーカーから発売されており、メーカーによって特色が違います。

ということで今回はエアコンプレッサのメーカーについて、その特徴や購入する前に知っておきたいことなどについて解説していきたいと思います。

◇エアコンプレッサを買うならおすすめしたいメーカーの特徴について

まずはオススメメーカーの特徴について解説していきます。

マキタ

マキタは1938年に設立された日本の電動工具メーカーです。日本最大の工具メーカーで、電気カンナを日本で初めて国産化して大ヒットを記録しました。

世界50か国に直営の営業拠点があり、170か国で販売されるなど日本国内以外でもシェアを誇っています。
製品は充電式の電動工具が中心です。

リチウムイオン電池を採用しているコードレスの電動工具のラインナップは業界随一で、チェーンソーから掃除機まで様々なラインナップがあります。

また強みはアフターフォローが充実している点です。電動工具はしっかりとメンテナンスをすれば、かなりの長期間使用する事が出来ます。国内には19支店、116箇所の営業所があり、きめ細かいアフターサービス活動を行っています。

長い間安心して使用したい人には、マキタはおすすめメーカーの一つです。

リョービ

リョービはマキタ、Hikokiに次ぐ国内3位の電動工具メーカーです。現在は京セラの子会社になり、「京セラインダストリアルツールズ」が製造・販売を行っています。

1943年に創業したリョービは元々ダイカスト製品の製造販売を中心に展開していました。1960年代にダイカストで培った技術で、電動工具事業に参入します。

その後アメリカに生産拠点を設立し、日本のダイカストメーカーとしては初めての国外進出を果たします。現在は広島に本社を置いて、国内に7ヶ所の営業所と4ヶ所の工場があります。

またリョービはグループ会社含めると7745名もの社員が在籍し、かなりの大企業となっています。

Hikoki(ハイコーキ)

Hikokiは創立70年の歴史がある工機ホールディングス(日立工機)が運営する電動工具メーカーです。国内2位のシェアを誇る企業で、高い技術力が魅力のメーカーで、2500の特許技術を所有しています。

マルチボルトバッテリーなど業界内でも評価の高い製品を展開していて、他メーカーに比べるとコストパフォーマンスが高いのが魅力です。

製品の品質は最高クラスですが、価格に関しては他メーカーよりも低くなっています。コストパフォーマンスを重視したい人はHikokiを選択すると良いでしょう。

高儀

高儀は新潟で創業した150年もの歴史のある専門商社です。工具だけでなく、園芸用品や家庭用品を扱う企業となっています。

EARTHMANブランドを展開しており、より多くの人が使えるような電動工具ブランドとして全国のホームセンターで販売されているのです。より一般ユーザーに向けて開発されているため、使いやすさは抜群です。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは家電事業をメインに展開する会社ですが、他にもガーデニング用品やペット用品、LED照明事業などマルチに展開しています。

近年は最新の家電を中心に販売されており、以前に増して家電メーカーのイメージが強くなっています。

またアイリスオーヤマはすべての商品が社長決裁のトップダウンの会社で、商品開発や販売スピードが早いのが特徴。最新の市場のニーズにあった製品を販売できるのが魅力となっています。

MAX(マックス)

マックス株式会社は高い信頼性と人気のあるエアー工具メーカーです。釘打機やエアコンプレッサなどをラインナップしています。

国内一貫生産を徹底しており、マックスは品質の高さが職人たちから信頼されているメーカーです。主力製品については二年間の保証制度があるので、安心して使用できる点も魅力。

他メーカーと比べると消費者のニーズに強く対応している商品を市場に送り出しているので、長い間マックス製品を愛用している消費者も多く存在します。

◇エアコンプレッサを買う前に知っておきたいこと

最後にエアコンプレッサを買う前に知っておきたいことについて解説していきます。

必要な出力のものを購入する

エアコンプレッサーを購入する場合に最も重要なのは、必要な出力のものを購入するということです。「

どうせ購入するならパワーの強いものを」と必要以上のスペックのものを購入するケースが多いですが、エアコンプレッサの場合は、パワーが強すぎるとトルクに影響が出てしまいます。

というのも必要なトルク以上にトルクが強くなりすぎてしまい、必要な作業が出来なくなってしまったり、破損させてしまったりすることがあるからです。

逆に安価なものを買ってしまい、パワーが足りない場合もあります。そのため行いたい作業に見合ったエアコンプレッサーを購入する事が重要なポイントですので、注意しましょう。

メンテナンス方法を把握しておく

エアコンプレッサーはメンテナンスが必須で、これを怠ると寿命が著しく短くなってしまいます。エアコンプレッサーは空気を圧縮するので、タンク内で結露が発生します。

毎回この結露を手動で排出させる必要があるので、どのように排出させるのかを把握しておきましょう。水が溜まりすぎると、錆びができたり故障の原因に繋がってしまうのです。

騒音値に注意

エアコンプレッサーは高い出力を扱えるので、かなり効率的に作業できるようになるのは魅力的です。しかし最大のデメリットは、騒音性が高いところ。

稼働時にはかなりの爆音を発生させるので、夜間の住宅街ではとても使用できません。設置する前に、使用時に周囲へ問題がないかを十分に検討する必要があります。

ちなみにエアコンプレッサーは80dbほどの騒音値があるとされています。

  • 地下鉄の車内
  • 布団叩き
  • ブルドーザー

などが80db程度と言われており、夜間の住宅街で行うのはとても迷惑であることは一目瞭然だと思います。

作業シーンによっては騒音対策にも気を配る必要があります。

まとめ

今回はエアコンプレッサのメーカーについて、その特徴や購入する前に知っておきたいことなどについて解説していきました。

エアコンプレッサについては、まだまだ知っておきたいたくさんあります。

ぜひ、関連記事も読んで参考にしてみてください。