NEWS

新着情報

洗濯機の買い替え時期と中古品の選び方について解説します

↓↓↓ジモティーでお得な商品を探してみませんか?ジモティーで販売商品を見たい店舗名を検索!!↓↓↓

白物家電の中でも、買い替え時期を逃しがちな家電が、洗濯機だと思います。

新品を購入するにもかなりの出費が必要ですし、古い洗濯機の処分にも一苦労です。

ということで今回は、洗濯機の買い替え時期や目安、中古で購入する際の選び方などを中心に解説していきたいと思います。

洗濯機の買い替え時期や目安、寿命について

まずは洗濯機の買い替え時期や目安について紹介していきます。

洗濯機の寿命や目安について

洗濯機の寿命はドラム式か縦型かなど洗濯機のタイプによっても異なりますが、だいたい6~8年前後で買い替えが必要と言われています。

ご使用状況によっても買い替え目安は前後しますが、大体は6年~8年で買い替えのサイクルが来ているようです。

ちなみに、内閣府の調査では洗濯機の買い替え理由として最も多いものが「故障」だと判明しています。

出典元:消費動向調査 令和3(2021)年3月実施分|内閣府

 

また、洗濯機には販売してから6年は修理用の部品を製造するようメーカーは国から義務付けられていますので、その期間を過ぎると修理ができないケースが多いです。

そのため6年以上使用した洗濯機が故障した場合は、修理より買い換える方が多いようです。

洗濯機の新商品が発売される時期について

洗濯機の新商品が発売される時期は、ある程度決まっています。

縦型で高性能な製品に関しては5月~6月頃に発売され、ドラム式洗濯機の場合は7月~9月頃、縦型の一般的な製品の場合は10月~11月に各メーカーから新商品が発売されるようです。

そのため、新商品が発売された後は型落ちした機種が売れ残っていると、在庫一掃処分などで安くなる傾向がありますので、新品をお得に購入したい場合は、これらの時期に合わせて買い換えるのも良いと思います。

 

ちなみに、縦型の高性能品やドラム式の製品に関しては大幅な値引きになることもあります。

その他にも3月頃も買い替え時期としてはおすすめで、新生活に向けてのセールが行われやすい時期ですのでオススメです。

中古品の洗濯機の選び方

次に中古品の選び方についてご紹介します。

とりあえずの洗濯機がほしい場合や安く高性能な洗濯機を購入したい場合に、中古の洗濯機を選ぶポイントを知っておくことで、選択肢がぐんと広がります。

中古の洗濯機を買う際は、保障の有無や期間に注意!

新品の洗濯機と違い、中古品の洗濯機を購入する場合は、保証の有無や保証期間に注意する必要があります。

保証は購入するお店によって異なり、ハンズクラフトのように「購入後○ヶ月保証」という場合もあれば、まったく保証がない場合もあります。

中古品の場合は購入後から1ヶ月以内で「異音や振動」などの異変が現れるケースもよくあるため、保証の有無や期間は、中古品の洗濯機を購入する際の重要な指標のひとつになります。

購入後の故障なども考え、最低でも1ヶ月、出来るなら2か月以上の保証がある洗濯機を購入すると失敗が少ないと思います。

また、保証以外にも購入前に確認しておきたいポイントがあります。

中古の洗濯機を選ぶ際に気をつけたい3つのポイント

中古の洗濯機を買う際に気をつけたいポイントは、以下の3つです。

  • 分解清掃の有無
  • 設置依頼や配送依頼が可能かどうか
  • 製造年数

ひとつずつ解説していきます。

分解清掃の有無

中古の洗濯機を購入する際にもっとも気をつけたいポイントとしては、分解清掃を行っているかどうかです。

中古の洗濯機の場合は、よほど使用回数が少なくない限り、洗濯機の奥底に糸くずなどのゴミが蓄積されています。

とくに洗濯槽の内側には、カビや黒ずみが剥がれ出たものなどが蓄積している場合があり、そういった汚れは

、分解清掃以外では落としきれません。

ですので、中古の洗濯機を購入する際は、分解清掃の有無をお店の方に聞いてみると良いでしょう。

ちなみにハンズクラフトの場合は、どの商品も分解清掃後に商品を陳列していますので、安心です!

配送や設置依頼が可能かどうか

洗濯機の故障の原因の多くは、取付や設置のミスだと言われています。

うまく設置できず、「使えるからいいや」という感じで使っていると、知らない間に洗濯機が傷み、故障に繋がります。

そういった場合は保証対象外となる場合も多く、痛い出費になることもあります。ですので、出来る限り、購入する後に設置まで来てくれるのか?などを事前に確認して購入する必要があります。

製造年月について

中古の洗濯機を購入する際は、製造年にも気をつける必要があります。

あまりにも製造年が古い製品だと、メーカーでの修理用の部品の製造が終わっていることが多く、修理ができないことがよくあります。

また、製造年数が古いということはその分、洗濯機の寿命も短くなるため、購入サイクルが短くなり、結果として「新品を購入したほうが安かった」なんてことにもなりかねません。

ですので、洗濯機の状態も大切ですが、製造から何年経過しているかもチェックしてから、年式が新しいものを購入するほうが安心です。

まとめ

今回は、洗濯機の買い替え時期や目安、中古品の選び方について紹介してきました。

買い替え時期などは普段あまり気にしていなかった方が多いのではと思いますが、新商品が発売される時期や安くなる時期など把握しておくことで、よりお得に買い替えることができるでしょう。

中古品に関してはネット通販などでお安くお求めされるのも一つの手ではありますが、実際に商品を見て、「メンテナンスは行き届いているか」「臭いや汚れ、傷等は問題ないか」など注意して見る必要があるため、しっかりと気をつけるポイントを頭に入れて選んでいただければと思います。