NEWS
新着情報

エアコンと組み合わせるなら扇風機とサーキュレーターのどっちがオススメ?

ハンズクラフトのロゴ

ハンズクラフト西日本最大級の工具専門リユースショップです。

ハンズクラフト【工具専門】西日本最大級の総合リユースショップです。

当店は創業20年以上、工具・家電を中心に扱うリユース専門館です。お買取りした中古品を綺麗にメンテナンスして新たな価値を吹き込み、福岡・北九州地域を中心に沖縄や山口・広島まで11店舗を展開中です。各記事は工具専門のスタッフや、工具・家電の修理専門部門が監修・執筆しています。

皆さんはエアコンと併用して扇風機やサーキュレーターを使用すると、より涼しく、そして電気代の節約になると聞いたことはないでしょうか。

テレビを始めとする、さまざまなメディアでその効果を耳にしたことがある方も多いと思います。

そこで気になるのが、併用するなら扇風機とサーキュレーターのどちらがオススメなのかではないでしょうか。

ということで今回はエアコンと組み合わせて使用するなら、扇風機とサーキュレーターのどちらがオススメなのか?というテーマで解説していきたいと思います。

これからサーキュレーターを購入しようか迷われている方はぜひ、参考にされてみてください。

サーキュレーターと扇風機の併用について解説する前に、『そもそもサーキュレーターとは?』と疑問に感じる方もいると思いますので、まずはサーキュレーターについて簡単に解説していきます。

そもそもサーキュレーターの役割とは?

サーキュレーターも扇風機と同じで風を送り出す家電製品ですので、扇風機との違いが少し分かりづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、サーキュレーターは直線的に風を送る送風機で、扇風機とは風を送る範囲や役割が異なります。

扇風機は直接風を浴びて涼しくなる目的があり、比較的近い距離かつ広範囲に風を送る仕組みであるのに対して、サーキュレーターは直線的でより遠くまで風を送り出す家電製品です。

そのため、扇風機のように直接風を体に浴びても涼しさはあまり感じられません。

ですが、サーキュレーターはおもに、空気が滞留しやすい部分へ風を送風する、空気を循環させることが得意であり、それが目的として開発された経緯があります。

使い方の例を簡単に挙げると、空気は温かいほど上に溜まり、冷たいほど下に溜まると言われており、この状況をサーキュレーターを使用することで、室内の空気をかき混ぜることができ、室温を均一に保つことができます。

そのため近年では、サーキュレーターが冷暖房家電の補助として注目を浴びています。

なにを求めるかでベストな組み合わせは変わる

ここまで聞くと、扇風機よりもサーキュレーターの方が優れていると感じる方も多いかもしれません。

しかし、なにを求めるかで「エアコンとサーキュレーターの併用が良いのか?」それとも「扇風機とサーキュレーターの併用の方が良いのか?」が分かれます。

エアコンとサーキュレーターが良い場合

エアコンとサーキュレーターの併用がオススメな場合の使い方としては、「部屋干し」と「室内の温度のムラをなくしたい場合」の2つが挙げられます。

例えばエアコンを使用する場合、どうしてもエアコンの風だけだと部屋全体を均一に温めたり、冷やしたりすることは難しいと言われています。

冬場を例に挙げると、『上半身は温かいけど、下半身だけ寒い…。』なんて状況は皆さんも経験済みだと思います。

そんな状況を解消するためにエアコンの設定温度を上げても足元の冷えは解消されず、電気を無駄に消費するばかり。

そんなときに活躍するのが、サーキュレーターです。

サーキュレーターを使用すれば先述したとおり、床に溜まった冷気と天井に溜まった暖かい空気をかき混ぜてくれますので、部屋全体の室温が均一になり、足元の冷えも解消されます。

また部屋干しにも向いており、室内の空気を循環させ続けるので扇風機とエアコンを併用したときよりも衣類へ空気を届けやすく、早く乾くという強みもあります。

エアコンと扇風機の組み合わせてが良い場合

エアコンと扇風機の組み合わせで使用した方が良い場合は、「節電しながら室内を涼しくしたい場合」が挙げられます。

あまり知られていませんが、エアコンの温度を1度上げ下げすることで、電気代は約10%も変わると経済産業省の試算では公表されています。

そのため夏場に限り、エアコンと扇風機を併用することで電気代が抑えられ、節約しながら快適な室温を保つことが可能です。

おすすめはエアコンとサーキュレーターの組み合わせ

もっともおすすめの組み合わせは、エアコンとサーキュレーターです。この組み合わせは直接室温を上下でき、サーキュレーターで冷暖房効率を上げられます。

やはり扇風機とサーキュレーターでは、室内温度を下げるのは限界があるでしょう。

寝苦しい夜を無理して過ごすと、体調を崩して医療費が余計にかかる可能性もあります。場合によっては命を危険にさらすことも。

そのため適切な温度に調節し、サーキュレーターで冷暖房効率を上げるのがおすすめです。

また、サーキュレーターの場合は季節関係なく使用することができますので、この点も扇風機と組み合わせて使用するよりも優れていると感じます。

まとめ

今回はエアコンと組み合わせて使用するなら、扇風機とサーキュレーターのどちらがオススメなのか?というテーマで解説していきました。

サーキュレーターを始めとする家電製品の知っておきたい知識は、まだまだあります。

ぜひ、その他の関連記事も読んで参考にされてみてください。